GEIJU : 絶えず咲くプロジェクト

Geijuは1975年に設立されました。「婦人服製造卸」としてここ「宝塚」に居を構えました。 当時、私たちの主な理想は、クリエートを広げるためにヨーロッパに着目。 でも現実は、かなり違いましたが、 インポートに基づいた衣服の概念を追及しようとしたことは、事実です。

1985年には、Boutique Geijuを宝塚ホテルの横に構築しました。私達の理想の服をお客様に広めることが、 主題でした。 また、それを理解していただけるお客様と直接的なコミュニケーションを楽しむための場所であることも意図しました。 それを、この業界で確立するために10年もかかりましたが、私たちを、 信頼していただける、お客様の気持ちは、何よりも貴重でした。

私たちは、目標に到達しようとしても、気が付かないほど、停止している長い期間もあったと思います。 でも皆様に助けられながら、「今のファッション」を追求して来ました。

次の手段として 1995年に、Boutiqueの隣ににGeiju Cafe Sybeleを開くための喜びを知りました。 この場所では、今までと全く違う雰囲気の中で、私どものお客様に満足していただけるために、当たり前のことではない状況、 別の雰囲気を創作するためにお料理・Live・Wineを主体におきました。 カフェのイメージを固定するために様々なパフォマンス、 それは、音楽、そして特にジャズを。

次の課題が、登場しました。 お互いの資質、才能や知識を共有する機会を持ちたいと!

それが2011年に、Boutigueの2階に開設した文化空間 Transitでした。散歩道に出会った方々と共有のセンスをいかす「場」を想像していただければ、嬉しいのですが。

お客様を通じて、私たちの願いをかなえさせていただく喜び、「皆様に感謝の言葉」しか、思いつきません。いつまでも、皆様に私達の炎を消さないことを誇りに思っています。



そして、できれば永遠に!

好きな言葉です...



私たちの管理職
中本 昌良
中本 和恵
大阪近鉄百貨店デザイナー出身
東京、株式会社馬里邑出身
又、大阪モード学園でデザイン画教師として長年、教壇に立つ
根っからのファッション好き
趣味は、もちろん絵を描くこととルーブル美術館
宝塚を愛し趣味は、音楽全般。酔えば、つたないピアノを弾くことも
仕事に追われ作品づくりは、1歩進んで2歩後退することも
少林寺流空手道四段師範
愛犬SYBELEとの散歩が、一番の清涼剤です
また、ここ数年始めた「陶芸」は、芦屋滴翠美術館で学んでいます
毎日がエンジン全開です
中本 昌良
東京、株式会社馬里邑出身
根っからのファッション好き
宝塚を愛し趣味は、音楽全般。酔えば、つたないピアノを弾くことも
少林寺流空手道四段師範
愛犬SYBELEとの散歩が、一番の清涼剤です
毎日がエンジン全開です
中本 和恵
大阪近鉄百貨店デザイナー出身
又、大阪モード学園でデザイン画教師として長年、教壇に立つ
趣味は、もちろん絵を描くこととルーブル美術館
仕事に追われ作品づくりは、1歩進んで2歩後退することも
愛犬SYBELEとの散歩が、一番の清涼剤です
また、ここ数年始めた「陶芸」は、芦屋滴翠美術館で学んでいます